ファッション

「メゾン マルタン マルジェラ」2015年春夏パリメンズ 男が好きな「改造」の結果生まれた服

 「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、異素材を組み合わせる「ハイブリッド」や、半年前のウィメンズ・コレクションで「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY )」などが提案したDIY(Do It Yourself)とは一風異なるクラフツマンシップに溢れる洋服だ。

 端的に言えば、今回のコレクションは、「リメイク」を大きく超えた「改造」の洋服。例えば、ボロボロに起毛させたシルクは、左足分だけボトムスに仕上げ、スーツ地で作った右足とドッキングする。スーツは、縦方向に細く長く切り刻まれ、糸を敢えてほつれさせることで「マルジェラ」らしい「時代」や「痕跡」を残したグランジウエアに生まれ変わった。スタジャンは、左右の前身頃と袖、肩周り、そして後ろ身頃がすべて異なる生地でできたコンパクト丈。ボンディングレザーのブルゾンも、「ハイブリッド」感覚がハンパじゃない。あるトップスは、後ろ身頃にタンクトップをそのまま一着張り付けたような構造になっている。本来なら左右対称、前後は同じ表情が当たり前の洋服を、ことごとく左右非対称、前後もバラバラに仕上げたようなコレクションだ。

 中盤以降に登場したのは、ヌードカラーのセカンドスキンにビーズを加えたボディスーツ。一方、序盤には、ただでさえオーバーサイズなのに、パラシュート素材で作るから歩くたびさらにふんわり広がるトレンチコートが登場する。「マルジェラ」は、一筋縄ではいかない。一言で片づけられない洋服、そして、そんな洋服が集合したコレクションだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら