ファッション

「ルイ・ヴィトン」2015年春夏パリメンズ 空を「見上げ」、大人を「見上げた」青年のフォーマル

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、「見上げる」がキーワードだ。半年前は、NASAが撮影した地球の写真などにインスパイアされ、つまるところ「見下ろす」風景に感銘を受けたキム・ジョーンズ。今度は反対に、地球から宇宙を「見上げる」人たち、インドの天文学者に影響を受け、コレクションを生み出した。

 「見上げる」は、イメージした男性像の日常の行動であり、「ルイ・ヴィトン」が今回のコレクションで構築を試みた世界観やスタイル、男性の生き方でもあるような気がする。スタイル・ディレクターのキム・ジョーンズは毎シーズン、実際に特定の地域を訪れ、そこで見たモノや感じたコトをキャッチーな色とモチーフを駆使しながら、時にストリートライクに若々しくまとめてきたが、今シーズンは青年特有の“青臭い”雰囲気が薄れ、大人の階段を一歩上った印象。トレンドに呼応するかのように、“カワイイ”モチーフは影をひそめ、サマーモヘアで作ったダブルのジャケットに70年代調のハイウエストパンツ、ラグランではなくセットインタイプの袖を持つトレンチコートなど、大人っぽい。青年が、ワンランク上のスタイルを「見上げ」、憧れ、思い切ってフォーマルの世界に足を踏み入れたような雰囲気だ。

 インドのムードは、キムが街で目にしたピンクの色使いと、インドからパキスタン、中国にかけて続くカラコルム山脈の山々の稜線を思わせるジグザグのシェブロンパターンなどに現れ、大人フォーマルとミリタリーをベースとしたコレクションに躍動感をプラスする。モノグラムのバッグにも、ブランドにとってアイコニックなアルファベットであり、山の稜線を思わせる「V」の文字を大胆に加えた。トレンチコートやフライトジャケットは、レザー製。布帛のトレンチにヌバックのベルトを組み合わせるなど、レザーの匠としてのアイデンティティもキチンと表現している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら