ファッション

「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」2014-15年秋冬パリ ”バンド”ひとつで表情がガラリと変わる40’sエレガンス

 今シーズンの「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ(GIVENCHY BY RICCARDO TISCH)は、アンドロジナスなムードが影を潜め、非常にフェミニンに。ラッフルをふんだんに使ったひざ丈のシルクシフォンのワンピースなど、1940年代の上流階級のスタイルから着想を得たエレガントな服が並ぶ。もちろんそこには、リカルド・ティッシ流の捻りが存分に効いている。例えば、プリントモチーフの蝶は時にグロテスクなまでに拡大プリントされている。

 キーディテールは、メンズコレクションから登場した幅広のバンドで、バスケットボールのリストバンドやヘッドバンドからヒントを得たもの。レザーやネオプレンなどのバンドをコートの背中やパンツのポケットなどに配している。ブラウスも共布のバンドが肩甲骨の上を渡っている。

 バンドは、優しい服にアクセントを加える役目に加え、今季のポイントであるレイヤードルックを完成させるカギにもなっている。ブラウンレザーのプリーツスカートの腰には、バンドでひっかけるようにノーカラーのジャケットを巻きつけ、重ねている。バンドひとつで服の表情がガラリと変わり強さが加わるからおもしろい。

 アストラカンとフォックス、マラブーの羽根を同じトーンのベージュに染めてパッチワークしたコートなど異なるファーの組み合わせも目立つ。カクテルドレスは、スネークの革やスパンコール刺繍を全面に使ったトップスにチュール×ベルベットのスカートなど、強さと儚さを併せ持つオートクチュール級の手の込んだピースが揃う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら