コレクション

「ヨウジヤマモト」2017年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

アシンメトリーなレイヤードを楽しむ、「ヨウジ」の真骨頂

 「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」の2017年春夏メンズ・コレクションはブラックをベースに、ルーズでドレープ感のあるテーラードジャケットで幕を開けた。インナーを上に羽織ったコートのボタンで留めたり、ラペルの片側だけ色を変えたり、ダークトーンのアシンメトリーなスタイルが続く。頭にぐるぐる巻いたスカーフと足元のスリッポンがどこかルードで反骨心を漂わせるテーラードスタイルだ。

 その後は、アシンメトリーなスタイルを継続しながら、白やアイボリーの麻素材を使用した淡くナチュラルなものへと変化。薄手のスタンドカラーのロングシャツに大きめのジャケット等を合わせ、ボリューム感が際立つシルエットを生み出している。

 また、オーバーサイズ気味のチェスターコートやロングシャツの袖をカットオフし、腰に布を巻いたルーズなレイヤードなども登場。カーキやブルー、パープルなど色のトーンの強弱でリズムをつけた。

 終盤には、山本耀司の似顔絵や手書き風の「I’m Slump(調子わるいっす)」や「傑作遺して早く死ぬヤツまじむかつく」など独特なメッセージをプリントしたリバーシブルコートなども登場した。

[rel][item title="EXILE&三代目JSBの小林直己がパリコレデビュー 「ヨウジヤマモト」のショーに登場" href="https://www.wwdjapan.com/fashion/2016/06/24/00020842.html" img="" size="small" font="large"][/rel]
[rel][item title="【WWDジャパン最新号紹介】23歳の記者から山本耀司へ 37の質問(6月6日号)" href="https://www.wwdjapan.com/fashion/2016/06/04/00020694.html" img="" size="small" font="large"][/rel]

LOOK