ファッション

「クリストファー ケイン」がブランド終了の危機 身売り先探しへ

英ロンドン拠点のブランド「クリストファー ケイン(CHRISTOPHER KANE)」を展開するクリストファー ケイン社は、経営破綻に直面し、管財人としてFTSリカバリー(FTS RECOVERY)を任命するべく意向通知を提出したことを明らかにした。

同社の代表は、「取締役会はこのほど、クリストファー ケインの救済計画を策定する十分な時間を確保するため、苦渋の決断を下した」と説明。「主なステークホルダーにはすでに通知済みだ。今後は既存債務の借り換え先、あるいは事業と資産の買い手を探すための活動を積極的に行っていくことになる」と付け加えた。

スコットランド出身のデザイナー、クリストファー・ケイン(Christopher Kane)は、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校を卒業後、2006年に自身の名を冠したブランドを設立。同年、ロンドン・ファッション・ウイークでデビューした。フェミニンでフェティッシュな要素を取り入れたエッジの効いたデザインで知られる。ドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)に才能を見出され、09年から12年には「VERSACE(ヴェルサーチェ)」のセカンドライン「ヴェルサス ヴェルサーチェ(VERSACE VERSACE)」のコレクションも手掛けた。

13年には、「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」を擁するケリング(KERING)が、クリストファー ケインの過半数株式を取得。18年にはその株式をケイン自身が買い戻し、独立したブランドとして運営を続けてきた。19年にはセカンドラインとなる「モア ジョイ(MORE JOY)」をローンチ。同ブランドのロゴアイテムは「クリストファー ケイン」18-19年秋冬コレクションのランウエイで初披露された後、独自のコレクションに発展し、Tシャツやパーカーなどのウエアからマグカップやタオル、ヨガマットまで、より手頃な価格のロゴアイテムを展開していた。「モア ジョイ」と並行して、ケインはシーズンごとのコレクションも続けてきたが、年2回の発表を縮小。15年にロンドンのマウント・ストリートにオープンした店舗も20年に閉鎖していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。