ファッション

川久保玲が手掛けた「ギャルソン」の名作を知る ブランド愛に溢れるアーカイブ ストア店長が解説

アーカイブ ストアは7月2日まで「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の名作を展示・販売を行うイベント「コム デ ギャルソン: ザ アーカイブス」を開催している。今年、設立50周年を迎えた「コム デ ギャルソン」の1990年~2010年代の商品を中心にそろえる。美術館のような展示スペースは、象徴的な3色“黒”“白”“赤”で構成し、「コム デ ギャルソン」とは改めてなんだろう?を考えるきっかけになるアイテムを並べる。

今回「WWDJAPAN」映像チームは、「コム デ ギャルソン」愛の強い鈴木店長と一緒に店舗内を回遊し、アーカイブの解説してもらい、「コム デ ギャルソン」と川久保玲デザイナーにまつわる裏話などを聞いた。

動画内で鈴木達之アーカイブ ストア店長は「『コム デ ギャルソン』のアーカイブを通じて、素晴らしさや面白さを未来に継承していきたい。過去を知ることで今のファッションはもっと面白くなる」と語る。

アーカイブ ストアは未来ガ驚喜研究所が運営するデザイナーたちが残した過去の名作を扱う美術館型のセレクトショップ。これまでにマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)のアーティザナルラインやフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が手掛けていた「セリーヌ(CELINE)」などを展示・販売するイベントを開催してきた。

◾︎コム デ ギャルソン: ザ アーカイブス
日程: 6月8日〜7月2日
場所: アーカイブ ストア
住所: 東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル地下1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。