ファッション

マッシュの「エミ」週替わりで表現する世界観 渋谷ヒカリエの期間限定店

マッシュスタイルラボの「エミ(EMMI)」は、7月末までの期間限定ストアを渋谷ヒカリエ・シンクスで開いている。期間中は2〜3週間ごと、「ヨガ」「トラベル」「フェス・アウトドア」など5つのテーマで商品やVMDを入れ替える。

「エミ」はアクティブシーンに対応するウエアや、そこから機能的なエッセンスを抽出した日常着などがそろう。期間限定ストアでは、幅広いMDを生かし、さまざまなシーンに合わせて商品を編集・展開することで、「ブランドの世界観を十分に表現できる場を作りたいと考えた」(吉田智恵エミディレクター)。売り場面積は約210平方メートルで、ニュウマン新宿の既存店と比較しても倍以上だ。

ストアのテーマは“プレイ イン ザ パーク”(4月7日〜26日)、“レッツトラベル”(4月27日〜5月31日)、“エミ フェス”(6月1日〜6月14日)、“レッツ ドゥ ヨガ”(6月15日〜)と続く。今春夏のブランドのMD計画も、このテーマとの連動を意識した新作や別注商品を多く企画したという。「リアルなファッショントレンドだけでなく、『この時期だったら、私たちは何がしたいか』『フェスに行くならどんな服が来たいか』と想像を膨らませながら(商品を)企画した」と吉田ディレクター。

期間限定ストアに合わせた
新作や別注商品を企画

ブラトップとビキニボトム、ショートパンツのセット(1万9800円)は、トップスのスクエアネックやパンツの末広がりのシルエットが大人の上品さを演出し、海やプール、ヨガでも着回せる。「ヘリー ハンセン(HELLY HANSEN)」とコラボしたラッシュガードワイドパンツ(1万6500円)は、廃棄される魚網ネットや工業用ナイロン、生地などを原料とする再生ナイロンを使った素材でシワになりにくく、フェスやアウトドアにも対応する。深みのあるブラウンカラーはシティーユースも意識した。

今後は渋谷ヒカリエを試金石に、他のエリアでも同様の形での打ち出しを検討していく考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。