ファッション

「サロモン」と「サンディー リアング」が初コラボ 人気モデル“XT-6”と“RX MOC 3.0”がベース

 ニューヨーク発のブランド「サンディー リアング(SANDY LIANG)」が、「サロモン(SALOMON)」とコラボレーションした2型のスニーカーを発表した。価格はどちらも190ドル(約2万5000円)で、4月28日に「サンディー リアング」の公式オンラインストアとニューヨーク店で世界先行発売したのち、5月5日から「サロモン」の公式オンラインストアや一部セレクトショップなどで取り扱う。

 両者のコラボは、今回が初めて。デザイナーのサンディー・リアングが米「WWD」に語ったところによると、2022年春夏コレクションの制作時にルックに合うスニーカーを探していたところ、ある人物がオフィスに訪れた際に「サロモン」のスニーカーを着用しており、これがきっかけで両者の関係がスタートしたという。

 コラボスニーカーは、「サンディー リアング」23年秋冬コレクションのランウエイで披露され、「サロモン」の人気モデル“XT-6”と“RX MOC 3.0”をベースに採用した。“XT-6”は、リアング=デザイナーが好きな「サンリオ(SANRIO)」と「ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)」の世界観に着想したピンクのアッパーが特徴。一方“RX MOC 3.0”は、「メッシュの隙間からペディキュアが見えたら、ちょっとかわいいかもしれないと思った」と、アッパーに目の粗いクリームカラーのメッシュを採用している。

 今回のコラボについて、リアング=デザイナーは「私は『サロモン』のファンで、常に“RX MOC 3.0”を着用して毎日のスタイリングを組んでいる。コラボは、密かな夢の1つだった」とコメント。また、ブライアン・ディアス(Bryan Diaz)「サロモン」マーケティング・マネージャーは、「両者のコラボは今後も継続する可能性が高い」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。