ファッション

マリー・クヮントが93歳で死去 ミニスカートブームをけん引

 英国人ファッションデザイナーのマリー・クヮント(Mary Quant)が4月13日、93歳で亡くなった。彼女の家族が同日、AP通信に声明を発表。「今朝、英サリー州の自宅で安らかに息を引き取った。(彼女は)20世紀で最も国際的に認められたファッションデザイナーの一人であり、“スウィンギング 60s”を代表する革新者だった」と述べた。クヮントは、短いヘムラインと大胆な柄使いで、1950〜60年代の女性のファッションを解放。中でも、丈の短いスカートを「ミニ」と名付けて普及させ、ショーツの一種であるホットパンツを生み出したことで知られる。

 クヮントは30年、ロンドン南東部のブラックヒース生まれ。ブラックヒース高校で美術を学んだ後、ゴールドスミス大学に進学し、53年に卒業した。その2年後にはキングスロードにブティック「バザー(BAZAAR)」をオープン。その名の通り、彼女自身がデザインしたものから、大学時代の友人が作ったアート作品やジュエリーまでさまざまなアイテムを販売していた。ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)やオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)といったスターが頻繁に訪れた同店は、雰囲気のある店構えと、40年代の戦時中のユーティリティースタイルとは一線を画す刺激的なアイテムによって、すぐにホットスポットになった。

 特に大胆な柄を使ったシンプルなシルエットで人気を博したクヮントのデザインは、「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」55年9月号で紹介される。57年、高級百貨店のハロッズ(HARROD'S)などもあるナイツブリッジに2店目をオープンし成功を収め、彼女のデザインは世界的に人気を集めることになる。この頃には、自動車模型からヒントを得て、丈の短いスカートを「ミニ」と命名。 62年には、百貨店のJ.C.ペニー(J.C.PENNY)とライセンス契約を結び、アメリカ市場に進出。さらに60年代後半には、ショーツの一種であるホットパンツを発表。メイクアップやインテリアに転向する前の最後のファッションのクリエイションになった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。