ビューティ

「ディオール」が香水キャンペーン“デア イン グリ ディオール”開催 若手アーティスト7人起用のショートフィルムを公開

 「ディオール(DIOR)」は4月11日、メゾンを象徴するフレグランス “メゾン クリスチャン ディオール グリ ディオール”のキャンペーン“デア イン グリ ディオール(DARE IN GRIS DIOR)−大胆に、グリ ディオールを纏う−”を開始する。7人のアーティストを起用したショートフィルムを公式サイトなどで公開するとともに、彼らが“グリ ディオール”の香りにインスパイアされて制作した作品を13〜16日にロサンゼルスの「ポップ アップ アート ギャラリー(Pop-up art gallery Los Angels)」で展示する。

 参加するのは俳優・ミュージシャンのマヤ・ホーク(Maya Hawke)、DJ・インスタグラマーとしても人気を集めるファイ・カドラ(Fai Khadra)、南アフリカ出身の俳優トゥソ・ムベドゥ(Thuso Mbedu)、慈善活動でも知られる俳優のジェナ・オルテガ(Jenna Ortega)、“グリ ディオール”のグローバルアンバサダーを務める俳優のジョセフ・クイン(Joseph Quinn)、シンガーソングライターでありパフォーマーのオレルサン(Orelsan)、シンガー・プロデューサー・ストリートダンサーのリウ・ユーシン(LIU YU XIN)の注目若手アーティスト7人。ショートフィルムの監督はバルディア・ツェナリ(Bardia Zeinali)が務めた。

 2013年に発売した“グリ ディオール”は、当初は“グリ モンテーニュ”の名称で販売していたが18年に名称変更。“グリ”はフランス語で灰色を意味する。調香はフランソワ・ドゥマシー(Francois Demachy)が手掛け、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)が愛した“ディオール・グレー”を香りで表現しみずみずしく透明感のあるフローラルシプレの香調となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。