ビューティ

ヘアデザイナー加茂克也の展覧会が開催 約400点の作品を公開

 世界を舞台に活躍したヘアデザイナー加茂克也の展覧会「KAMO HEAD - 加茂克也展 KATSUYA KAMO WORKS 1996-2020 -」を3月21日〜4月2日に表参道ヒルズで開催する。

 生前に加茂自身が企画・構想した内容をもとに、国内外のコレクションで使用したヘッドピースやプライベートな作品など合計約400点の作品を公開。加えて、本人が使用した制作道具や創作過程を垣間見ることができるポラロイドブックを交えながら、数々の作品が生まれたアトリエも再現する。そのほか、過去に出演したテレビ番組「デザインあ」の映像上映や作品集の販売も行う。

 加茂は1990年年代から「シャネル(CHANEL)」「フェンディ(FENDI)」「ジュンヤ ワタナベ(JUNYA WATANABE)」など、数々のトップメゾンのコレクションでヘアデザインを歴任。ヘアデザインの概念を“美容室から生まれる髪型”から、イマジネーションを表現する場”へと昇華し、唯一無二の存在として高く評価された。2015年には個人事務所「カモ ヘッド」を設立。近年はそれまでにランウェイで培ったものをベースにヘアデザインだけでなく、空間デザインやアートディレクション、自身としての作品制作など活動の幅を広げていたが、2020年2月に54歳で逝去した。

■KAMO HEAD ‐加茂克也展 KATSUYA KAMO WORKS 1996-2020‐
日程:3月21日〜4月2日
時間:11:00〜21:00 ※3月26日と4月2日は20:00まで
場所:表参道ヒルズ 本館 地下3階 スペース オー
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。