コレクション

「プラスチックトーキョー」2016-17年秋冬東京コレクション

REPORT

渋谷のスクランブル交差点のストリートスタイルをミックス

ランウエイはX字に2本に分かれ、床に白いテープでまっすぐと印が付けられている。イメージしたのは渋谷のスクランブル交差点。その上を行き交う人々が着ているストリートスタイルをミックスした。今季は、得意なグラフィックプリントを控えめにし、ブランド名のロゴと、テーマである交差点のプリント、そして柄で作るストライプに限定。その分、デザイン性の高いアイテムを多く登場させ、クリエーションの振り幅を見せた。

 「プラスチックトーキョー」の服には、レイヤードスタイルを楽しめる仕掛けが隠されている。ジーンズにはサイドにボタンを付けて、スリットを調整可能。柄違いのチェックのネルシャツを重ね合わせたようなショートパンツはゆったりとしたシルエットで、デニムやレギンスを重ねて提案する。前シーズンに引き続き、バッグを持たなくても小物を収納できる大きなポケットを付けたベストも登場。他にも、オーバーサイズのTシャツやキルティングのレギンスなど重ね着のアクセントになるようなアイテムが豊富だ。

 キーマテリアルになったのはグログランテープ。トップスの装飾として縫い合わせて垂らしたり、細かなスリットが入ったパンツとして仕立てて、遊び心を加える。ラストを飾ったコートは、スーツ地をテープ状に裁断したものをイントレチャート(メッシュ状の編み込み)にして、端をそのままダイナミックに垂らして、グランジ感とエレガンス感をミックスさせた仕上がりとしている。 

 ショー後には、世界での活躍が期待される若手デザイナーに贈られる「DHL デザイナーアワード」を受賞。パリや中国などでの展示会開催を視野に入れている。

LOOK

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016-17年秋冬特集 東京ファッション・ウイークを120%楽しもう!" href="http://www.wwdjapan.com/focus/special/201617fw/13926" img="http://www.wwdjapan.com/focus/wp-content/uploads/sites/4/2016/03/header.png"][/rel]