ファッション

アイコンジーンズ“501”が150周年の「リーバイス」が映像キャンペーンを始動

 アイコンジーンズの“501”が今年150周年を迎える「リーバイス(LEVI’S)」は、「The Greatest Story Ever Worn(最高の物語をはこう)」キャンペーンを開始する。

 “序章”として同ブランドは、アメリカ人女性映画監督メリナ・マッスーカス(Melina Matsoukas)がメガホンをとったショートフィルム「Precious Cargo(宝物のような貨物)」を公開した。

 1970年代、ジャマイカに“501”がどう伝わり、同国がそれをどう自分たちのものにしたかを実話を元に映像化したものだ。撮影は、アカデミー賞にノミネートされた経験も持つブラッドフォード・ヤング(Bradford Young)が担当した。

 マッスーカス監督は、「『リーバイス』の初期のテレビCMは、私が商業映画の製作を志すきっかけとなったものの一つ。その『リーバイス』の作品に携われたことを光栄に感じている。本作では、小さいながらも力強い歴史の1ページに敬意を表しつつ、映像化した」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。