ファッション

「ガールズ バイ ピーチ・ジョン」ミューズのなえなのと井上咲楽がブラをプロデュース ミューズとしての活動を振り返る

 「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」の若年層向けブランド「ガールズ バイ ピーチ・ジョン(GIRLS BY PEACH JOHN)」は、ブランドミューズを務めるなえなのと井上咲楽がプロデュースする新作コレクションを1月11日に発売した。撮影を終えた2人にこれまでのミューズとしての活動や今回プロデュースしたアイテムのこだわりなどを聞いた。

 Z世代を中心に支持を集め、モデル・女優などマルチに活動するなえなのと、太眉卒業で注目を集めバラエティー番組などで活躍する井上は、ブランドメッセージ「ほぼ無敵のわたしたち。人生ハッピィだらけでいいんじゃない?」を表現する存在として昨年3月にブランドミューズに就任。3月上旬に発表する新ビジュアルを最後にミューズを卒業する。約1年間のミューズの活動を振り返り、なえなのは「私はとにかく運動が苦手で続かないことが多かったのですが、ミューズに決まった時に『キレイになりたい!』と決心して食事管理など今までで一番努力しました。撮影を通して下着の楽しさにも目覚めました」とコメント。井上は「最初の撮影はセットの規模の大きさに驚いたし、とても緊張したのを覚えています。撮影で使ったフルーツやお花のカチューシャが気に入って、今でも大事に取ってあります」と思い出を語った。

 今回のコレクションでは “なちゅこれシンプルレースブラセット”と、ノンワイヤーブラ“ピージィ”シリーズをプロデュースした。なえなのは寒色系、井上は暖色系とそれぞれの個性が表れた限定アイテムとなっている。なえなのは「私のイメージカラーであり1番好きな水色をベースにしました。“なちゅこれ”はくすみのあるカラーの大人っぽい雰囲気で、チャームも水色から連想したしずく型を選びました。タンク型の“ピージィ”は形が可愛いので、どんな人でも着やすい落ち着いたカラーに。ファンのみなさんにもよろこんでもらえる仕上がりになったと思います」、井上は「“なちゅこれ”は私らしい元気なイメージは残しつつ、派手になりすぎないアプリコットオレンジを選びました。 “ピージィ”はどんなシーンでも使いやすい肌なじみのいい落ち着いたピンクにしました。色を変えた肩紐がポイントです」とこだわりをのぞかせた。

 「ガールズ バイ ピーチ・ジョン」 は、10~20代前半をターゲットに2020年1月にスタートした。21年には女優の馬場ふみかもミューズを務めた。そのほか、同ブランドの公式PRクラブ “ガーリスタ(GIRLISTA)”のメンバーとしてユーチューバーのそわんわんを起用するなど、Z世代を中心としたプロモーションに注力している。

PEACH JOHN x ファッションの記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。