ビューティ

コーセー「ヴィセ」のブランドミューズにTWICEのツウィ&THE RAMPAGE吉野北人が就任

 コーセーのメイクアップブランド「ヴィセ(VISEE)」は10月6日、新ブランドミューズにTWICEのツウィとTHE RAMPAGEの吉野北人を起用したと発表した。新アイシャドウ“ニュアンス マット クリエイター”(全5種、税込1320円※編集部調べ)を発売する10月16日から新ビジュアルとウェブCMを公式サイトで公開する。

 ツウィと吉野の2人を起用した理由について、ブランドは「ジェンダーを問わず旬のメイクを楽しんでほしい」という想いがあると説明。アーティストとして新しい表現にチャレンジを続ける2人に白羽の矢が立った。

 ムービーでは、新アイシャドウと同じ配色をあしらった背景に、囲み目メイクをあしらった2人がカメラを見つめるシーンやアイカラーを施すシーンなど、目元と視線で表現するカットが続く。最後はツウィから吉野にパレットを手渡すシーンが入り、ジェンダーレスに使用できることをアピールしている。

 ツウィは「メイクをされている男性もとても素敵だと思います。男性もメイクで自分を表現したり、肌を美しく見せようとしたりすることは素敵なことです」とコメント。吉野は「男性として『ヴィセ』のブランドミューズに起用していただけたのはうれしかったです!普段 16 人で賑やかにお仕事させていただいていますが、意外と1人の時は落ち着いて、自分らしくいることができるので、たまにはこういった形でお仕事させていただけるのもうれしいです」とコメントを寄せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。