ファッション

「トニーセイム」が眼鏡フレームのアップサイクルプロジェクトを始動 MORITA MANABUの手によりアートに

 眼鏡ブランドの「トニーセイム(TONYSAME)」は、使わなくなった眼鏡フレームをアーティストのMORITA MANABUに提供し、アートとして新たな価値を生み出すプロジェクト「tonysame: upcycle project」を始動した。フレームの回収はブランドの取り扱いパートナー店舗で行う。完成した作品は、10月に開催する展示会IOFTで特別展示を行うほか、全国各地での展示も予定している。

 MORITA MANABUはコミックやアニメに着想した作品で知られる、グラフィックアーティストで、若者を中心に支持を集める。