ファッション

「アディダス オリジナルス」が常田大希を起用した新キャンペーンをスタート ニューモデル“NMD_V3の発売やイベントなど

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、次世代に向けてブランドの過去を再定義するキャンペーン“MADE ORIGINALS 塗り替える。何度でも”を8月16日にスタートする。広告ビジュアルには、「アディダス」のアンバサダーであり、バンドKing Gnuのギターボーカルを務める常田大希を起用している。

 キャンペーンでは、ブランドを象徴する定番モデル“スタンスミス(STAN SMITH)”と“スーパースター(SUPERSTAR)”を再解釈すると共に、ニューモデル“NMD_V3”を8月下旬に発売する。シューズは2015年に登場した“NMD”をベースに、半透明のヒールクリップやTPUのミッドソール、メッシュ素材を取り入れてフューチャリスティックなデザインに仕上げている。価格帯は税込1万8700〜2万900円で、7型をそろえる。

 キャンペーンのスタートに合わせて、8月16日にアディダス オリジナルス フラッグシップストア 原宿でイベントを開く。グラフィックアーティストの河村康輔とグッチメイズ(GUCCIMAZE)、アーティストのフェイス(FACE)を招いたトークセッションや、ゲームマスター KM(Gamemaster KN)とジューベー(JUBEE)、どんぐりずによるライブパフォーマスを実施する。

 そのほかには、“メイカーラボ(MAKER LAB)”では限定デザインのカスタムプリントサービスを提供したり、河村とGUCCIMAZE、フェイスがそれぞれ描き下ろした“スタンスミス”と“スーパースター”“NMD”のアート展を行うなど、さまざまなコンテンツを順次用意する。