ファッション

K-POPスターのジャクソン・ワン、自身のブランドからカプセルコレクションを発表 シンガポールではパーティーも

 香港出身のK-POPスター、ジャクソン・ワン(Jackson Wang)が手掛けるブランド「チーム ワン(TEAM WANG)」はこのほど、カプセルコレクション“スパークルズ ミュダンス(Sparkles — Mudance)”を発表した。これまで黒と白を基調としたアイテムを中心としていたが、同コレクションではパステルピンクを使ったアパレルやスイムウエアを披露。花柄のビキニのセットアップやアロハシャツ、ビーチタオル、浮き輪などの12アイテムをそろえた。

 新カプセルコレクションの発表に合わせ、シンガポールで最大規模を誇るクラブ「マーキー(Marquee)」でパーティーを開催。同氏が運営するレーベルに所属する新人アーティストのローリー(Laurie)、センズ(Xenzu)、ボーイトイ(Boytoy)や、世界中のビートボクサーが集まる国際イベント、グランド・ビートボックス・バトル(Grand Beatbox Battle)で2013年と14年に世界チャンピオンに輝いたダーニー(Dharni)らが参加して会場を盛り上げた。

 ブランドのクリエイティブ・ディレクター兼デザイナーのワンは、「コレクションを発表してアフターパーティーを開催するのがブランドの文化になりつつある。こうした活動を通して歴史を残している感覚だ。音楽だけでなく、デザインや自分の活動の全てを盛り込んでいきたい。グローバルに認知度を高めていけるはずだ」と語った。

 ジャクソン・ワンはJYPエンターテイメントからデビューしたボーイズグループGOT7(ガットセブン)のメンバーで、22年現在は中国を拠点にソロ活動を続ける。20年に旧友であるヘンリー・チェン(Henry Cheung)とともに上海で「チーム ワン」を設立した。