ファッション

K-POPグループのNCT 127が「プーマ」のアジア太平洋地域のブランドアンバサダーに就任

 プーマ ジャパンは、SMエンターテイメント所属のK-POPグループ、NCT 127(エヌシーティー127)がアジア太平洋(APAC)地域のブランドアンバサダーに就任したことを発表した。今後、アジアやオセアニアの15カ国を中心にスニーカー“スリップストリーム(SLIPSTREAM)”をはじめとするさまざまなキャンペーンに登場する予定だ。

 NCT 127は、多国籍ボーイズグループとして日本、韓国、アメリカ、カナダ出身のメンバーで構成。グループ名は、“Neo Culture Technology”の略称と韓国・ソウルの経度“127”を組み合わせた造語で、愛称は“イリチル”(“127”のハングル読み)。日本人メンバーのユウタは、インスタグラムで日本人男性タレントとして最多の約840万フォロワーを抱える。