ファッション

「マンハッタンポーテージ」と「リー」が初コラボ 4型のアパレルと3型のバッグを用意

 「マンハッタンポーテージ(MANHATTAN PORTAGE)」は、デニムブランド「リー(LEE)」と初めてコラボレーションしたコレクションを8月13日から順次発売する。「マンハッタンポーテージ」の公式オンラインストアと全国の直営店などで取り扱う。

 今回のコラボコレクションでは、2型のデニムジャケットと2型のジーンズに加え、新型を含む3型のバッグをラインアップする。デニムジャケットは、どちらも左肩部分にショルダーバック用のテープ止めのタブをあしらい、1型は両脇のスリットにリフレクター仕様のファスナーを配し、もう1型はダンガリー素材を使用したビッグシルエットのカバーオール型だ。ジーンズは、右裾にのみスリットを入れてリフレクター仕様のファスナーをデザインしたナチュラルテーパード型と、自転車ウエア的な要素として右裾のみ絞れるタブが付いたワイドペインターパンツをそろえる。

 バッグは、今回のコラボのためだけに開発したベルトループと肩紐付きトートバッグをはじめ、ショルダーバッグとメッセンジャーバッグを用意。どれも生地には、バイオストーン加工を施した12オンスの岡山デニムを使用し、ブラックとブルー、ヒッコリー・ストライプの3色を展開する。

 価格はデニムジャケットが税込1万9800~2万900円、ジーンズが同1万5400~1万6500円、バッグが同1万~1万3500円だ。なお、スリットが入ったデニムジャケットとジーンズは、9月上旬からの販売を予定している。