ファッション

「ニューエラ」×佐藤可士和 “直線”が主役のアートワークを用いたキャップやTシャツを発売

 「ニューエラ(NEW ERA)」は8月4日、クリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和とコラボした商品を発売する。佐藤のアートワーク「LINES(ラインズ)」をフィーチャーしたコレクションで、価格はキャップが4180円(税込、以下同)〜、Tシャツが6050円、パーカが9900円など。

 コラボコレクションは刺しゅうやプリント、メタルフレームの技法で「LINES」の世界観を表現したもので、タイポグラフィーも佐藤が監修し、オリジナルフォントを用いる。

 佐藤は、1965年2月11日生まれ、東京都出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業。博報堂を経て、2000年に独立した。ユニクロやセブンイレブンのクリエイティブワークを手掛ける。

 「LINES」は、“直線”という概念が最も美しいと考える佐藤が2021年に発表した作品で、赤・青・白の直線で構成される。佐藤は、「直線は自然界に存在しない。しかし、われわれのイメージの中にはっきりと存在する。永久に劣化せず、質量を伴わず、無限の空間の果てまで伸びていける。『LINES』は“直線”に対する考察だ」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら