ビューティ

6月のヒットランキング「UV・サンケアアイテム」TOP5  プラザ編

有料会員限定記事

 全国に82の直営店舗を持つプラザで6月に売れた「UV・サンケア」トップ5を調査。6月は早期の梅雨明けや猛暑日が続いたことも影響し、プラザでは同カテゴリーが好調に推移した。中でも、SNSで話題のスティックタイプが人気だという。(集計期間6月1~30日。剤型は問わず全タイプが対象)

【プラザ「UV・サンケアアイテム」売り上げTOP5】

1位「アンドビー(&BE)」“UVミルク スタンダード”(各SPF50/PA++++ 30g、1980円 120g、3080円)
2位「ビューティヴェール(BEAUTY VEIL)」“パウダリーUVスティック”(各SPF50+/PA++++、20g、1430円)
3位「紫外線予報」“透明UVスプレー”(SPF50+/PA++++、150g、2035円)
4位「アリィー(ALLIE)」“クロノビューティ ジェルUV EX”(SPF50+/PA++++、90g、2310円)
5位「ネイチャーリパブリック(NATURE REPUBLIC)」“パウダリーアロエUVスティック”(SPF50+/PA++++、24g、1490円)

加藤悠里プラザスタイル商品二部 H&B 課 課長は、カテゴリーの全体傾向について、「今期の初動は鈍かったものの、5月頃から売り上げが徐々に伸長しはじめ、6月の梅雨明けと連日の猛暑によりさらに好調に推移している。特に、スティックタイプが非常に好調だ。韓国コスメの人気ブランドからスティックタイプの新商品が発売され、どの商品も7月を待たずしてほぼ完売している。発売前からSNSで取り上げられたことも売上を後押しした要因と考えられる」。

 1位「アンドビー」は、ボディー&フェイスに使える日焼け止めミルク。「サラッとしたべたつかないテクスチャーで、微小なパール成分が配合され、肌を美しく見せるところも人気のポイント。河北裕介さんプロデュースのブランドということも、売上をけん引する大きな要因だ」。

この続きを読むには…
残り879⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。