ファッション

「ファーフェッチ」が限定商品を定期的に発売する新プロジェクトの第2弾を発表 3型のTシャツを用意

 ラグジュアリーEC「ファーフェッチ(FARFETCH)」は、アーティストとコラボレーションした限定商品を定期的に発売するプロジェクト“ファーフェッチ ビート(FARFETCH BEAT)”の第2弾“ビート 002”を発表した。現在、「ファーフェッチ」限定で取り扱い中だ。

 “ビート 002”では、ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)が1969年に創刊した米カルチャー誌「インタビュー マガジン(Interview Magazine)」のアイコンTシャツを、1980年代のニューヨーク・アートシーンで活躍したタブー!(Tabboo!)がイラストを通じて復活。アンディ・ウォーホルと、1960~70年代におけるトランスジェンダーのアイコン的存在キャンディ・ダーリン(Candy Darling)、ドラァグクイーン姿で知られる70~80年代の俳優ディヴァイン(Divine)の3人にフォーカスし、タブー!がそれぞれの似顔絵をフロント部分に描いた3型のTシャツを用意した。価格は全て税込1万6300円で、売り上げの20%はLGBTQIA+の若者の支援と教育サービスを目的とする米国最古で最大の擁護団体「ヘトリック・マーティン・インスティテュート(HETRICK-MARTIN INSTITUTE)」に寄付されるという。

 発売に先駆け、6月23日(現地時間)にはニューヨークのイーストビレッジにある伝説的なナイトスポットでローンチパーティーが開催。メル・オッテンバーグ(Mel Ottenberg)やジュリア・フォックス(Julia Fox )、エミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)らが参加した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら