ファッション

キャサリン妃、ガーター勲章授与式に全身ブルーのコーディネートで参加 ブランドは故ダイアナ妃も御用達の「キャサリン・ウォーカー」

 ガーター勲章授与式が6月13日(現地時間)、イギリスのウィンザー城で開催された。2019年以来3年ぶりの開催となり、ケンブリッジ公爵夫人ケイト・ミドルトン(Duchess of Cambridge, Kate Middleton以下、キャサリン妃)、ウィリアム王子(Prince William, Duke of Cambridge)、コーンウォール公爵夫人カミラ(Camilla, Duchess of Cornwall)らが参列した。

 キャサリン妃は英国人デザイナーのキャサリン・ウォーカー(Catherine Walker)によるブルーのコートドレスを着用。故ダイアナ・フランセス(Diana Frances)元英国皇太子妃の生前のお気に入りブランドだった。キャサリン妃は色を合わせたジュリエット・ボタリル(Juliette Botterill)によるファシネーターでコーディネート。クラッチバッグと、「アクアズーラ(AQUAZZURA)」のヒールでそろえてルックを仕上げた。故ダイアナ妃が所有していたサファイアの婚約指輪とカラーを全身で揃え、アクセサリーもサファイアのイヤリングとネックレスを着用した。

 ウェセックス伯爵夫人ソフィー(Sophie, Countess of Wessex)は明るいピンクの「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のドレスに、クリーム色のファシネーターとパンプスを合わせて出席した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら