ファッション

「ケイタ マルヤマ」が“美しい仕事展” 日本各地から陶芸、木工、硝子作品を集める

 「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」は6月16~19日の期間、東京・南青山にある丸山邸メゾン ド マルヤマで「CASA KEITA -美しい仕事展-」を行う。日本各地から陶芸、木工、硝子などの作品を集めたもので、10組以上の作家が参加する。

 丸山敬太「ケイタ マルヤマ」デザイナーが今気になる作家に声を掛け、同展のために製作した作品と骨董、伝統工芸品を共にディスプレーする。

 丸山は「美しいということは、その背景に気の遠くなるような思いや鍛錬、時間があり、いろんなものを削ったり、研ぎ澄ましたり、自身や伝統と向き合いながら物語を紡いでいるということ。土や木や鉱物などの自然の恵みをこねたり、吹いたり、編んだりして作られる。そんな美しくて強くて、そこにあるだけで人生が豊かになる仕事をそろえた。われながら素晴らしいラインアップになったと思うので、ぜひご覧いただきたい」と話す。

■CASA KEITA -美しい仕事展-
日程:6月16~19日
時間:11:00〜19:00
場所:丸山邸メゾン ド マルヤマ
住所:東京都港区南青山4-25-10

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら