ビューティ

ドン・キホーテから高品質かつ手頃な価格のスキンケアシリーズ“ジェネコス”誕生

 ドン・キホーテは6月8日、オリジナルスキンケアブランド「コスパレード(COSPARADE)」から高品質でありながら手頃な価格帯のシリーズ“ジェネコス(GENECOS)”(全3品、税込各2178円)を全国のドン・キホーテ系列店舗と公式サイトで発売した。同日、都内で開催したお披露目会にタレントの横澤夏子が登場し、使用感などを語った。

 同社はこれまで「コスパレード」でプチプラ・コスパ志向のニーズに応えるスキンケアを提案してきた。シリーズ販売数300万点を超える“ハトムギスキンケア”シリーズやシカ成分を配合した“Dスージング”シリーズなどを手掛ける中で、高品質のコスメのニーズも多いことが分かった。一方で、高品質な製品は「高価格帯で気軽に購入できない、リピートしづらい」などの声も多かったことから、“贅沢をもっと身近に”をコンセプトに“ジェネコス”を開発した。

 スタート時は、スキンケアのファーストステップに使用し肌を柔らかく整える先行乳液“モイスト プレミルク”(200mL、税込2178円)と美肌菌に着目した美容液“モイスト セラム”(50mL、同2178円)、オイルとローションを組み合わせた2層式の化粧水“モイスト エッセンス ローション”(150mL、2178円)を扱う。

 一足早く製品を使用した横澤夏子は2人の子供のケアで自身のスキンケアにかける時間が少なく、自分の肌に合う化粧品を探していたという。「高級なスキンケアにチャレンジできない人は『ジェネコス』を使ってもらいたい。乳液は肌が目覚めるかのような感覚で、3品とも使い心地も抜群で、色々な肌悩みに応えてくれる。私は今日も明日も明後日も『ジェネコス』を使い日々頑張っていく」と述べた。

 近い将来、新たなスキンケアシリーズを投入する予定で、オリジナルブランドを拡充する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら