ビューティ

ポーラ「B.A」から“持ち運べるスキンケア”発想の初のクッションファンデが登場

 ポーラは8月1日、「ポーラ(POLA)」最高峰ブランド「B.A」からブランド初のクッションファンデーション“B.A セラムクッションファンデーション”(全5色、税込各1万4850円)を発売する。全国のポーラ ビューティーディレクター、コスメ&エステショップ「ポーラ ザ ビューティー」約590店舗を含む約3200店のポーラショップ、 旗艦店「ポーラ ギンザ」、百貨店67店舗、日本国内空港免税店コーナー12店舗、ポーラ公式オンラインストアで展開するほか、海外では中国大陸・香港・台湾・マカオ・シンガポールの5つの国と地域、韓国の免税店で順次販売する。

 同社は、消費者のコロナ時代のニーズを探ったところ、癒やされたい、快適に心地よく過ごしたいということが分かった。そこでベースメイクで“持ち運べるスキンケア”という発想にたどり着いた。元々「B.A」のベースメイクなどは化粧水“B.A ローション”が配合されているのが特徴だが、今回の“B.A セラムクッションファンデーション”は美容液級の効果を発揮するため、スキンケアアイテムの種類豊富な成分を配合するための新技術を採用。通常のファンデーションの生産過程より3倍かけて作り上げた。

 新開発したゲルコートエマルション設計は、スキンケア成分をゲルと粉体が抱え込むことで、肌に塗布するとみずみずしいテクスチャーとよれにくく崩れにくい仕上がりを維持する。また、ベースメイクで共通する「日中の過酷な肌環境をポジティブに変換し、美しさに変える」という発想を引き続き取り入れ、空気中の水分を取り込みベールを作るオアシスメーク処方も採用する。

 そのほか、唇もスキンケア効果で艶や血色感を与える、という思いから開発した“B.A リキッドルージュセラム”(税込5720円)にローズカシスとリッチチェスナットの2色を加える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら