ビジネス

T&Gニーズ、新ホテルを渋谷・道玄坂と神戸・三宮に 27年開業計画

 婚礼大手のテイクアンドギヴ・ニーズ(T&Gニーズ)は18日、渋谷・道玄坂と神戸・三宮に新しいホテルを開発すると発表した。道玄坂は27年3月頃に「トランクホテル ドウゲンザカ」、三宮は27年頃に新業態「エボルホテル コウベ(仮称)」を開業する。T&Gニーズは先日発表した30年を最終年度にした長期経営計画で、現時点で国内2施設のホテル事業を国内外27施設に増やす計画を打ち出している。

 トランクホテル ドウゲンザカは、道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業のホテル棟に入る。地上11階・地下2階の床面積1万3000平方メートルに120〜130室を設ける。エリア初のルーフトッププールをはじめ、レストラン、バー、シアタールーム、スパなどを完備する。客室単価は5万〜30万円を想定する。

 エボルホテル コウベ(仮称)は神戸三宮駅前の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の中で計画されている。六甲山やポートアイランドを一望できる150mの高層階に立地し、ルーフトッププール、テラス付きレストラン、バー、スパを備える。60〜70室で客単価は3万〜20万円を想定する。

 同社はホテル事業として17年に渋谷に開業したトランクホテル、19年に料亭の建物を改装して開いたトランクハウスの2施設を運営する。23年夏には渋谷・富ヶ谷にトランクホテル ヨヨギパークの開業を控えている。

 18日に会見した野尻佳孝会長は、日本には個性的なデザインとサービスを特徴にするブティックホテルが未発達として上で、「将来は欧米と同じく10%以上の割合になるだろう。ラグジュアリーだけでなく、ミドルやエコノミー路線まで入れれば、日本はブティックホテル王国になる可能性を秘めている。酒蔵、醤油蔵、和牛牧場など日本ならでは資産を生かしたホテルを作れば、海外のお客さまから人気になる」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら