ファッション

小田急百貨店、新宿店本館の最終営業日は10月2日に決定

 小田急百貨店は18日、新宿店の本館の最終営業日を2022年10日2日に決定したと発表した。本館の営業終了後、本館で扱ってきた食品、化粧品、インターナショナルブティック(ラグジュアリーブランド、時計・宝飾品)など一部を別館のハルクに移設して営業を続ける。今月25日からは「新宿店『本館→ハルク』お引っ越し前の売り尽くし」と題したセールを実施する。

 新宿駅西口にある新宿店の本館(売り場面積4万7000平方メートル)は、親会社の小田急電鉄と東京メトロによる再開発が始まり、29年には48階建ての高層ビルが完成する。低層部は商業施設になる予定だが、再び小田急百貨店が入るかは決まっていない。

 別館のハルクは本館に比べてだいぶ手狭なため、本館からは前述の一部のカテゴリーが移転することになる。本館で4フロアを占める婦人服・紳士服売り場は、移転の対象には含まれていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら