ファッション

Jリーグ・鹿島アントラーズがオリジナルアパレルブランドのクリエティブ・ディレクターに源馬大輔を招へい

 日本プロサッカー1部リーグ(J1リーグ)の鹿島アントラーズは、オリジナルアパレルブランド「エフディー(F.D.)」のクリエティブ・ディレクターに源馬大輔を招へいし、新体制での2022年春夏コレクションを発売した。現在、クラブの公式オンラインストアで販売しており、5月9日より順次発送する。

 「エフディー」は、鹿島アントラーズの恒久的なスローガンである“フットボール・ドリーム(Football Dream)”に着想し、アイテムを通じて“日々の生活とフットボールが調和する新たなスタイル”を目指すブランドだ。新体制でのファーストコレクションは、スエット地の半袖Tシャツとショーツをはじめ、シンプルなグラフィックでスポーティーかつタウンユースなアイテムを数多くラインアップ。価格はスエットTシャツとスエットショーツが税込1万450円、ロングスリーブTシャツが同7480円、ポケットTシャツが同5500円、キャップが同4400円など。

 メインビジュアルは、クラブの拠点である茨城・鹿嶋市で撮影。今後はブランドとのコラボレーションを予定しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら