ファッション

ラフォーレ原宿に気鋭クリエイターが集まる売り場がオープン 軍地彩弓がデイレクション

 ファッションクリエイティブディレクターの軍地彩弓がディレクションする常設の自主編集売り場「愛と狂気のマーケット~“おもしろい”才能の出会い系~」が、4月28日にラフォーレ原宿の地下0.5階にオープンした。222平方メートルの売り場で、ファッションやビューティ、アート、飲食、工芸など多岐にわたるジャンルの最大80の出品者の作品・商品を販売する。

 オープン時には、脳外科医兼ファッションデザイナーのDr.まあやや、モデル・タレントとして活動するアーティスト、アダムス亜里咲、米原康正がキュレーションする+DA.YO.NE、金沢市長最優秀賞に選ばれた若手漆芸作家の五月女晴佳ら約70のアーティストやクリエイターらが出品した。

 軍地ディレクターは、「原宿はかつて雑多な人々が集まり交流する場があったが、今はそうした才能を持つ人々の活躍の場がSNSになり、偶然の出会いが生まれにくくなっている。原宿を再び個人が輝く場にし、裏原カルチャーが生まれた頃のようなカオスを再び作りたくて企画した。売らない店的なアプローチも見てきたが、ここではもっとカオスな人を集めて熱量のある場所にしたい」と話す。

 出品者は随時募集する。「原宿に店を出すハードルを下げたい」という思いから、出品スペースを大・中・小にわけ、小スペースには1ヶ月2万円から出店できる。(25歳未満の出品者には割引設定あり。)ラフォーレの販売スタッフが常駐しているため、展示のみの出店も受け付ける。軍地ディレクターは、「愛と、何かを超越する狂気を感じる才能に集まってほしい」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら