ファッション

アーティストのコウスケ・シミズと「ジャングル大帝」がコラボ アート作品とアパレルを販売

 「コモンベース(COMMON BASE)」は、アーティストのコウスケ・シミズ(Kousuke Shimizu)と手塚治虫の漫画作品「ジャングル大帝」のコラボレーションアイテムの展示販売会を、東京と大阪で順次開催する。会期は東京が4月16、17日で、大阪が23、24日となる。

 同展では、シミズが「ジャングル大帝」のキャラクターであるレオやライヤ、ハム・エッグをモチーフにしたシルクスクリーンプリントとフィギュアが並ぶ。同氏が得意とする分裂や引っ掻き傷などの手法を取り入れ、心に抱いている相反する感情を表現した。作品は16種類で、価格帯は税込3万3000〜14万3000円。それぞれにエディションナンバーが付く。

 また、同キャラクターたちをあしらったTシャツ(同6600円)やパーカ(同11万1000円)、クッション(同7700円)、キーホルダー(同3850円)も販売する。アパレルと小物、アート作品は同会場での販売に加えて、「コモンベース」の公式オンラインストアでも取り扱う。

 シミズはシルクスクリーンやイラストレーション、グラフィックなど、さまざまな作品を手掛けるほか、広告媒体や「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「キディル(KIDILL)」「ステューシー(STUSSY)」などにも作品提供している。

■KOUSUKE SHIMIZU × ジャングル大帝
東京
会期:4月16〜17日
場所:ビル神宮前09 C棟
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-2
時間:16日14:00~20:30、17日11:00~19:00

大阪
会期:4月23~24日(日)
場所:the newly
住所:大阪府大阪市西区南堀江1-14-5 3階
時間:23日14:00~19:30、24日11:00~18:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら