ファッション

「ノワール ケイ ニノミヤ」が探求、漆黒の空間でこそ生きる黒い服

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」に続き、「ノワール ケイ ニノミヤ(NOIR KEI NINOMIYA)」も3月8日、2022-23年秋冬コレクションを発表した。丁寧な手仕事で作る、スパイクに代表される立体の連続・集合体という真骨頂は、今シーズンも健在だ。

 序盤は、燕尾服やブロックコートを解体して無数のファスナーを走らせたノワールな(黒い)フォーマル。エレガントとさえ表現できるフォーマルには、巨大なパニエのスカートを合わせた。ファスナー使いは次第に複雑になって、魚のウロコのような図柄を描きながら床に垂れる。トップスにもハーネスなどが現れ、クリエイションは激しさを増していく。

 後半は、手繰り寄せたチュールで作ったボールを幾つも取り付けたり、ハリのあるリボンを編み込んだりで立体化したドレス。ネオンイエローやショッキングピンクなどをノワールに組み合わせた。序盤のスパイクやハーネスルックに対し、後半はボリュームたっぷりの曲線的なプロポーション。その姿は、漆黒の空間を漂うクラゲやイソギンチャクのような生命体・有機体に見える。

 フィナーレは、そんなドレスの勢揃いだ。照明だった一筋のライトが消されて完全にノワールな世界になると、ネオンイエローの蓄光塗料は溜め込んだ光を放つ。暗闇におけるネオンイエローのシルエットは、ますます深海の生き物のようだった。

 ブランド名にある通り、黒とは切っても切れない関係性の「ノワール ケイ ニノミヤ」が、黒い服のみならず、黒い空間、暗闇で生きる服を生み出した。アイデンティティーの「ノワール」との関係性の探求は、これからも続くのだろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。