ビューティ

セルフ“ネイル”に追い風 2021年9月「アットコスメ」の口コミランキングから読み解くヒットの法則とは?

 コロナ禍でも、ネイルポリッシュはその影響を比較的受けていないアイテムだという。では、ユーザーからの口コミ評価が高いヒットアイテムは何か?今回は、「アットコスメ」に寄せられた口コミを、原田彩子「アットコスメ」リサーチプランナーが解説。ヒットの法則を読み解いていく(集計期間:2021年9月1~30日)。

―――9月のネイルに関する口コミの傾向は?

原田彩子「アットコスメ」リサーチプランナー(以下、原田):「ネイルの注目度は高まっている。サロンからセルフネイルに切り替えたという口コミや、メイクの代わりにカラーを取り入れるという声、テレワークで自由にネイルを楽しめるといった声が散見された。なかには『昨今の手洗いと消毒習慣で、爪まで乾燥して白っぽくなっているので、常にネイルをしている』と新たに生まれた悩みの解消法として取り入れる様子もある」

―――直近の口コミで目立つのは?

原田:「『トレンドやシーズンカラーを楽しめる』という声だ。各季節に発売される限定カラーのタイミングで注目度が高まる傾向にある。以前から続いていることではあるが、外出機会が減り季節感を感じづらくなっている昨今、より顕著に表れていると感じる」

21年9月「ネイルポリッシュ」口コミランキング

1位「キャンメイク」“カラフルネイルズ”(全39色うち5色限定色、各税込396円)

価格の安さ、カラーバリエーションの豊富さ、速乾性などからリピーターが多い商品。「派手過ぎず」「ピンク過ぎず」「筆が大き過ぎず」など「〇〇過ぎない」という表現が特徴的に出現している。その絶妙なバランス感が高く評価されている。カラフルネイルズのクチコミ投稿者は他のキャンメイク商品の使用経験も高く、キャンメイクを使っておけば間違いないというブランドへの信頼感を感じさせる。

2位「ネイルホリック」“ネイルホリック”(全152色、5mL、各税込330円)

1位の『キャンメイク』同様、手に取りやすい価格、カラーバリエーションの豊富さから「ついつい集めたくなってしまう」という口コミが多く寄せられている。発色の良さが高く評価されており、「チャレンジする」「冒険する」といったワードが他の商品と比較して出現率が高いことが特徴だ。5mLというサイズ感もちょうどよく、使い切れない心配をせずに気分や季節によって気軽に試せると語られている。

3位「エクセル」“ネイルポリッシュ”(全29色うち限定4色、10mL、各税込1100円)

「絶妙なカラーが多い」「他にはないおしゃれな色がある」「大人上品なカラー」など色味に対するクチコミが他の商品と比較して多い傾向だ。また、「速乾性があるので自宅で簡単にネイルをしたい人にはすごく向いている」という口コミも多く、「自宅」というワードが5商品の中で最も多く出現している。サロンから自宅へと切り替えた人たちの満足度も高い様子がうかがえる。

4位「キャンメイク」“ファンデーションカラーズ”(全3色うち限定1色、8mL、税込396円)

爪をキレイに見せる「ネイル用ファンデーション」という商品特徴の通り、口コミでも「ファンデーションという言葉の通り、爪の凹凸や色ムラなどもしっかりカバー出来る」「爪の血色が良くなったかのようなナチュラルな仕上がり」といった声が寄せられている。やさしい発色で透明感が出るカラーのため、「職場でも問題なく使える」という意見も。同じくキャンメイクのカラフルネイルズと比較すると30代以上の方たちからの口コミが約10ポイント高く、幅広い層から支持を得ている様子が読み取れる。

5位「アディクション」“アディクション ザ ネイルポリッシュ”(全50色、12mL、税込1980円)

「アットコスメ」でもアイシャドウをはじめとして、人気商品が多い「アディクション」。ネイルの口コミは「肌なじみがよく、指が長く見える」「元から爪が綺麗であるかのように見せてくれる」などメイクの延長として楽しんでいる様子がうかがえる。「コロナ禍になりネイルに興味を持ち始めた」という投稿もあった。また、「プレゼントに喜ばれる」「男性が塗ってもよさそう」と塗る人を選ばない色展開も魅力の一つといえる。

―――ネイル以外で注目を集めているカテゴリーは?

原田:「フレグランスが挙げられる。周囲を気にせずに自分の好きな香りを楽しめることが大きいようだ。またネイル同様、外出や旅行が制限され、季節の移り変わりを感じにくくなっている今、手軽に生活に取り入れやすいアイテムとしての注目度も高まっている。9月は、『金木犀』が、前年同月比4倍の出現率となった。他にも、季節の変化を香りで楽しまれている口コミが多くみられた。ミニサイズや限定品に関する口コミも増加傾向だ」

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら