ビューティ

「M・A・C」がBLACKPINKのLISAとコラボしたメイクを発売

 「M・A・C」は12月3日、BLACKPINKのLISAとコラボレーションしたメイクアップコレクション“MAC x L”を発売する。LISAは同ブランドのグローバルブランドアンバサダーを務め、これまでキャンペーンには登場してきたものの、メイクアップを手掛けるのは初めて。アイシャドウ パレット、リップ、アイライナー、フェイスパウダー、チークをそろえる。また11月12日には、M・A・C公式オンラインショップ、伊勢丹新宿本店、三越伊勢丹の化粧品EC「ミーコ(MEECO)」で全製品を先行発売する。

 “アイシャドウ× 12 M·A·C × L アイシャドウ パレット”(12色入り、税込9900円)はマット、シマー、グリッターのテクスチャーをそろえ、デイリールックから夜の外出のためのグラマラスなルックまで多様なシェードをラインアップ。リキッドリップ“パウダーキス リキッド リップカラー”(限定6色、各税込4730円)はLISA本人お気に入りのアイテムで、ふわっとぼかしたようなマットな仕上がりを特徴とする。大胆なキャットアイでも知られるLISAだが、アイライナー“ブラシストローク ライナー”(限定2色、各3850円)も2色登場。健康的なルックに仕上げるコーラルカラーのチーク“パウダー ブラッシュ”(限定1色、税込3850円)とゴールドが煌めくパウダー“エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ”(限定1色、税込5390円)もラインアップする。

 パッケージは「モダンでグラマラスな雰囲気を出すために、パープルとグリッターを選びました」と言い、自身のファッションスタイルに着想を得た。全てイエローでエンボスされたLISAのサインを施している。また、製品1点以上を含む税込1万450円以上を購入した人には、限定のチェーンバッグをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら