ビジネス

阪急阪神百貨店、本社オフィス面積4割減へ 在宅勤務を恒久化

 エイチ・ツー・オー リテイリングとその中核企業である阪急阪神百貨店は、働き方改革の一環として大阪・梅田の本社オフィスを移転し、オフィス面積を4割減らす。フリーアドレスやリモートワークの推進、ノートパソコンやスマートフォンの一層の活用によって、出社率を6割以下に抑える。

 両社は阪急うめだ本店と阪神梅田本店の近くの2カ所に主なオフィスを構え、約850人の本社スタッフが働く。これを2022年8月下旬に大阪梅田ツインタワーズ・サウスの14階に移転し、オフィスの規模を集約する。同ビルの低層部には10月に建て替え開業した阪神梅田本店が入る。

 コロナ禍以降、両社はリモートワークを導入し、出社率を7割程度にしてきた。本社スタッフは近くの店舗の仕事にかかわるため、現場でしかできない仕事も多いが、さまざまなツールの活用や業務改革によって在宅でも生産性を保つ工夫を重ねた。この働き方をコロナにかかわらず常時運用にしてく。

 新常態で働き方の見直しが進む中、率先して新しいスタイルを導入する。業務のデジタル化も一気に進めて、生産性の向上や働き方の選択肢による優秀な人材の確保を狙う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら