ファッション

アパレルのサステナブル・シフトVol.2 アメカジ好きが“魂”の綿100%から離れ再生ポリを選ぶ理由 シーセット

有料会員限定記事

 サステナビリティなモノづくりとビジネスへシフトしたい、でも何から始めてよいかわからない。本連載はそんな迷えるアパレルの指針となるべく、サステナビリティ・シフトを進める先行企業の実践例や、最近シフトを始めて試行錯誤する企業の声や課題を集めた。これを読めば“できることから”の答は、今までやってきたことの中にあることがわかるだろう。第2回はウィメンズブランド「シーセット(SEESET)」から。

 高荘はカジュアルウエア「シーセット」を2021-22年秋冬からスタートした。ヨガなどの運動を日課に取り入れている女性を対象にしたブランドで、汗シミが目立たないなど着用者への“気配り”が行き届いた、機能的なデザインが特徴だ。素材は機能性からポリエステルが中心で、そのうち再生ポリエステルは10%ほど。生地の3割がオリジナルだ。

 同ブランドの児玉洋樹デザイナーのキャリアの原点はデニムで、綿やウールに関してオタクな知識を持つ。「アメカジにとって天然素材は“魂”に近い」。それにもかかわらず数年前に「綿100%を捨てた」。きっかけは、過酷な夏の暑さの中で外回りだったという。「デニムの色が変わるほど汗をかき、得意先の前に立てない。綿の脆弱さを体感した」。その後、クライミング系のポリエステル素材のパンツで一日中歩き、「こんなにラクなんだ、と気づいてしまった」と振り返る。ミリタリーにも詳しい同デザイナーにとって「ミリタリーやアウトドアのウエアは過酷な状況下で体を守る役割を持ち、技術革新とともに使用素材を天然から丈夫で軽い合繊に移行してきた」その事実も発想転換を促したという。

この続きを読むには…
残り404⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら