コレクション

「ブルックス ブラザーズ」2016年春夏ニューヨーク・コレクション

REPORT

ザック・ポーゼンによる新生ブルックスを披露

「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」は、ザック・ポーゼンをクリエイティブ・ディレクターに起用した初のプレゼンテーションをマディソン街44丁目にある旗艦店で披露した。ザック・ポーゼンは、1980年ニューヨーク生まれの35歳。ニューヨークのパーソンズ・スクールとロンドンのセント・マーチン美術大学でファッションを学び、2001年に自身のブランドをスタートしたデザイナーだ。

彼が手掛けた「ブルックス ブラザーズ」のウィメンズコレクションは、とてもカラフル。スーツやジャケットを中心にした正統派トラッドの印象が強い同ブランドだが、フェミニンな花柄やシャツドレスやマルチボーターのロング丈ワンピースなど、プレイフルで1枚でもサマになる、着こなしやすいアイテムが新鮮だ。「これまでの固定観念をいろんな意味で変えてみたんだ」と楽しそうに話すザックの表情が印象的だ。

今シーズンは、東海岸のリゾート地、ハンプトンへ旅をする女性がテーマ。シャツドレスに編み込まれたバケット帽をかぶるといった、エフォートレスでありながらもエレガントなスタイルがメーンだ。どこか懐かしいレトロプリント柄や赤やオレンジ、ブルーなどのカラフルな色使いは、ザック・ポーゼンらしいエッセンス。また、ボックス型のトップスやフレアのパンツなど、レトロでありながら、旅をしても疲れにくいシルエットを意識し、そのままのスタイルでディナーをしに外出しても良いようなファッション性を意識したという。

「一つの目的地は、単なる一つの“場所”ではなく、多くのものを知るための、新しい道」という言葉がリリースに引用されていた。若きクリエイティブ・ディレクターが「ブルックス ブラザーズ」を今後どう導いていくのか楽しみだ。

LOOK