ファッション

「ルイ・ヴィトン」がメンズスニーカー中心のポップアップを渋谷と名古屋で開催

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、東京の渋谷メンズ店2階で期間限定店“テンポラリー・レジデンシー”を7月5〜8月1日に開く。同店はメンズファッションのイベント“ルイ・ヴィトン:ウォーク イン ザ パーク”の一環で、パリ、ニューヨークに続いて日本では初の取り組みとなる。

 商品は代表的シューズ“LVトレイナー・ライン スニーカー”をはじめ、メンズスニーカーが中心のラインアップで日本限定モデルも販売する。ほかにも“ソフトトランク”“コリエ・LV チェーンリンクス”など、バッグやアクセサリーもそろえる。7月9日には2021-22年秋冬コレクションの一部も並ぶ予定だ。店内はヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・​ディレクターのデビューショーとなった、2019年春夏コレクションのセットを思わせるレインボーカラーで統一。ウオールはシューズのパッケージを重ねたようなデザインにするなど、メンズの世界観を表現している。

 “テンポラリー・レジデンシー”は渋谷メンズ店のほか、ジェイアール名古屋タカシマヤでも7月14〜27日に開催する。

■“テンポラリー・レジデンシー”
日程:7月5〜8月1日
場所:ルイ・ヴィトン渋谷メンズ店 2階
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10 ミヤシタパーク ノース

日程:7月14日〜27日
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 3階 ローズパティオ
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら