ビューティ

「ダイソン」からコードレスヘアアイロンが登場 毛束に合わせて形状が変わる独自のプレートを採用

 「ダイソン(DYSON)」はコードレスヘアアイロン“ダイソン コラール(DYSON CORRALE)”を直営店やオンラインストア、提携ヘアサロンなどで6月23日に発売する。価格は税込5万3900円(編集部調べ)。うねりやくせ毛をなめらかにまとめて、艶のあるストレートヘアをかなえる。丸みを帯びた本体によってカールやウェーブを作りやすく、1台でさまざまなスタイルに対応できる。「ダイソン」のヘアケアカテゴリーにおいてヘアドライヤー“スーバーソニックイオニック”、スタイリングツール“ダイソン エアラップ スタイラー”に次ぐ3機種目となる。グローバルでは昨年発売し、ビューティアワードを受賞するなど話題を集めている。

 一般的な硬いプレートのヘアアイロンは毛束の最も薄い部分にのみ熱とテンションがかり、均一に熱が加えられず同じ箇所に何度もヘアアイロンを当てることになる。これによって過度な熱が加わり、髪のコシや艶を失う原因となる。

 そこで“ダイソン コラール”は、独自開発のフレックスコッパープレートを採用。プレートが毛束の形状に合わせて変化することで髪を優しく包み込み、かかるテンションを均一にする。毛束が広がったり、散らばることがなく挟み込むことができ、1度で低温でスタイリングすることが可能に。プレートのふちをトルマリン加工することでマイナスイオンを発生させ、静電気をおさえるのも特徴だ。

 温度は165度、185度、210度の3段階で、髪質や長さ、目的のヘアスタイルに合わせて設定ができる。インテリジェント・ヒートコントロールテクノロジーを搭載し、加熱システムを制御して正確な温度に調整。過度な熱によるダメージから髪を守る。またリチウムイオンバッテリーによってコードレスで最長30分のスタイリングが可能。充電は約40分で90%、70分でフル充電ができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら