ビューティ

売れたアイテムを発表! リップ1位は「セザンヌ」と「リカフロッシュ」 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」バラエティー・ドラッグストア

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 バラエティー・ドラッグストア「リップ」部門の新製品1位は「セザンヌ(CEZANNE)」“ウォータリーティントリップ”が輝いた。バイヤーは「マスクにつかないティントルージュ。濡れたような軽やかな艶を実現し、きれいな発色が持続する」とコメント。2位は、「フジコ(FUJIKO)」“ニュアンスラップティント02”、3位は「オペラ(OPERA)」“ニュアンスラップティント02”となった。

 総合1位は「リカフロッシュ(RICAFROSH)」“ジューシーリブティント”だった。「WWDビューティ ベストコスメ2020」の3位から躍進。バイヤーは「ティントだからマスクに付きにくいと好評。多様なニュアンスを作れるところも人気の理由」と話す。2位は「レブロン(REVLON)」“キス シュガー スクラブ”、3位は「セザンヌ(CEZANNE)」“ウォータリーティントリップ”となった。カテゴリーでは、「マスクに付きにくい」「1度塗りと重ね塗りとで、違ったニュアンスが楽しめる」アイテムが上位を占めた。(価格は全て税込)

新製品

1位 “ウォータリーティントリップ”

「セザンヌ」

 水に濡れたような艶感が続くティントルージュ。みずみずしい艶感がありながらも、グロスのような膜感がなく発色が良いと好評。一度塗りした後に軽くティッシュオフすると、マスクやコップに色映りしにくい。ハチミツ、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲンなど保湿成分配合で潤いもキープ。(全3色うち1色取扱店限定、660円)

2位 “ニュアンスラップティント02”

「フジコ」

 独自のウォーターティント処方のルージュ。マスクに付きにくく、ぷっくりとした艶感が演出でき、高発色と話題に。潤いの膜で唇をラッピングし、気になる縦ジワをカバー。まるで素の唇が色づいたような、ニュアンスのあるカラーが持続すると、マスク着用時もリップにこだわりたい人から支持を得た。とろみのあるテクスチャーで液だれしにくいのも特徴だ。(全3色、1408円)

3位 “リップティント N 203 ブラウンフィグ”

「オペラ」

 高発色で色持ちが良く、透け感も楽しめるリップティント。ひと塗りで美しく発色するが、濃さを感じさせない透明感のあるカラー。唇の水分に反応して、血色感を引き出すティント処方で、唇そのものが色づいたようなナチュラルな仕上がりに。リップクリームのように伸びが良く、乾燥した唇にも塗りやすい。“リップティント N 203 ブラウンフィグ”は、バレンタインシーズンに発売された限定色で、やや赤みのあるボルドーブラウンは、大人っぽさと可愛らしさが共存する絶妙な色合い。(限定色ですでに完売)(1650円)


総合

1位 “ジューシーリブティント”

「リカフロッシュ」

 ユーチューバー・モデル古川優香がプロデュースする、みずみずしい艶とテクスチャーのリキッドルージュ。一度塗りは、ほんのりとした色づき、二度塗りはハッキリした色合いになり、ニュアンスの異なる仕上がりが楽しめると好評。特に“01オンラジェット”、“06ルーブラウン”の人気が高い。「マスクに付きにくい」「発色が良く持ちもいい」と10代、20代を中心に支持を得た。(全6色、各4.5g、各1848円)

2位 “キス シュガー スクラブ”

「レブロン」

 角質ケアと保湿ケアができる、洗い流さないタイプのリップバーム。スクラブで唇の古い角質をやさしく除去。保湿成分に、ザクロ種子油、ヨーロッパキイチゴ種子油、ブドウ種子油のフルーツオイルを配合し滑らかで潤いある唇に導く。日中のケアだけでなく、ナイトケアにも使えると人気を集めた。爽やかなシュガーミントの香り。(全2色うち限定1色、2.6g、814円)

3位 “ウォータリーティントリップ”

「セザンヌ」

 水に濡れたような艶感が持続するティントルージュ。オイルを水分で包んだ「オイルinウォーター処方」で、唇の表面はベタつかず、しっとり潤う仕上がりに。特に、“01ナチュラルピンク”と“02コーラルレッド”の人気が高い。一度塗りしてから、唇の中央に重ね塗りすると自然なグラデーションリップが作れる。(全3色うち1色取扱店限定、660円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら