ビジネス

三越伊勢丹HD最終赤字410億円 21年3月期

 三越伊勢丹ホールディングスの2021年3月期連結業績は、純損益が410億円の赤字(前期は111億円の赤字)だった。コロナによる昨年春の臨時休業とその後の消費低迷で百貨店事業が打撃を受けた。コロナ前から決定していた三越恵比寿店、イセタンハウス(名古屋)、バンコク伊勢丹などの店舗閉鎖、子会社の三越伊勢丹研究所の事業終了などの構造改革を実施したが、赤字幅は大幅に広がった。

 売上高は前期比27.1%減の8160億円、営業損益は209億円の赤字(前期は156億円の黒字)だった。営業損益は販管費の削減が想定よりも進んだため、1月発表の計画に対して120億円改善した。

 都内の主力店舗の売上高の落ち込みが激しい。前期実績と比べた場合の減収額は、伊勢丹新宿本店で670億円、三越日本橋本店で317億円、三越銀座店で384億円に上る。首都圏の三越伊勢丹で前期に522億円だった免税売上高は46億円に激減した。

 22年3月期から会計基準を改める。従来の売上高に相当する総額売上高は前期比18.3%増の9650億円、営業利益は30億円、純利益10億円と予想。3期ぶりの最終黒字を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら