ファッション

デイトナ・インターナショナル創業者の鹿島研社長が電撃退任 独占インタビュー

有料会員限定記事

 「フリークス ストア(FREAK'S STORE)」の創業者であるデイトナ・インターナショナルの鹿島研社長が4月30日付けで退任する。株式の過半数を投資会社のユニゾン・キャピタルに売却し、5月1日から新体制を敷く。デイトナの2021年2月期は売上高が226億円と、コロナ禍においても前年売り上げをキープした。今期は売上高250億円以上を見込むが、それを大きく上回る勢いで絶好調だ。59歳という年齢は一線を退くにはまだ早い。電撃退任の鹿島社長が胸中を語った。(この記事はWWDジャパン2021年4月26日&5月3日号からの抜粋です

WWDJAPAN(以下、WWD):コロナ禍でも業績は好調だ。なぜこのタイミングで第一線から退くのか?

鹿島研デイトナ・インターナショナル社長(以下、鹿島):もともと後継者にどこかのタイミングでバトンを渡したいという思いがあった。この3〜4年はどういう方法で次に渡すかを考え、若いスタッフにも「僕の命は無限ではない。一期一会のこの瞬間の会話から僕がつかんできた何かを感じて、糧にしてほしい」と伝えてきた。今は自分が楽しいし、ラクだ。業績もいいから特に指示を出すこともないし、みんなが創業者である僕を慕ってくれている。でもこの甘さに漬ってトップで居続けることは、イノベーションの妨げになる。だから僕が抜けることで、次の若い芽に吹き出してほしいという期待に賭けた。

WWD:デイトナがデイトナであってほしいから、判断したと。

鹿島:そうだ。もう一つは今年の誕生日で還暦を迎えるが、赤いベストを着させられるのも違和感があるし、常に赤い火をハートに灯しておきたい。創業のきっかけとなったアメリカで感じた“豊かさ”を世の中に伝えたいという思いは今も変わらなく、それを新しい形でチャレンジする。世界を旅したり、好きな趣味にさらに没頭したりすることで生まれてくる新しい価値観やネットワークを次の自分の人生で見出したい。退任後はまず、タイミングを見計らってアメリカからカナダ、アラスカを抜けて、ペルー、アフリカ、ヨーロッパ、ユーラシア大陸を自分で運転して旅するつもりだ。それにはやっぱり体力や気力が必要。

WWD:ワクワクを提供するために自身は一歩引き、かつ自分がさらにワクワクするものを探しにいく。

この続きを読むには…
残り2974⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら