ファッション

12歳の天才イラストレーター“ミラクルくん” 憧れの東京・渋谷パルコで初のポップアップ

 沖縄出身のイラストレーター“ミラクルくん”こと城間ゴンタ(12歳)は、東京で初のポップアップストアを渋谷パルコ5階で3月5日から21日までオープンする。“ミラクルくん”は、8歳の頃に描いたイラストを父がSNSにアップして話題になったことをきっかけに活動をスタート。少しクセのあるタッチと不思議なバランス感が特徴で、これまでビギン(BEGIN)の全国ツアーグッズや「#FR2」とのコラボTシャツにイラストを提供してきた。さらに沖縄の酒造メーカーの忠孝酒造とは、泡盛“干支ボトル”(3000円)に使用するアートデザインの干支に合わせて毎年描き続けるという12年の大型契約を結んだ。

 渋谷のポップアップストアでは、「リーボック(REEBOK)」や「コンバース(CONVERSE)」の定番モデルを描いた新作“スニーカーシリーズ”や“沖縄シリーズ”、“寿司シリーズ”の作品や原画の一部を展示。オープンに合わせて、“ミラクルくん”の直筆サイン入りのシルクスクリーンプリントキャンバス(4種、各3万5000円)や、“動物シリーズ”のライオンやタイガーをプリントしたコート(3色、各2万8000円)、フーディー(2色、各1万5000円)、Tシャツ(8800円)などのグッズを用意した。全て一点ものですでに売り切れた商品もあるという。そのほか力士や豚のデザイン画をプリントしたクッション(7800円)、キャップ(5800円)、バンダナ(1800円)などのアクセサリー類もそろえた。

発言がいちいち“ミラクル”

WWD:初めて描いた絵は?

ミラクルくん:「ドラゴンボール(DRAGON BALL)」の“ベジータ”だよ。父ちゃんに「詐欺師みたいで弱々しいな」って笑われた。

WWD:どんな道具で描いているの?

ミラクルくん:細いマッキーペン。去年までは太い方を使っていたけど、細かい部分にもこだわりたくなったから変えたんだ。僕は下書きをしないから、ひとつの作品を大体3〜5分で仕上げているんだ。

WWD:絵を描くときに心がけていることは?

ミラクルくん:僕は実物や写真を見ながら描くんだけど、父ちゃんとの約束事で“心を込めて描く”、“よく見て描く”、“集中して描く”ことは描く前に必ず声に出すんだ。

WWD:新作のテーマはどうやって決めているの?

ミラクルくん:父ちゃんとの日常会話。今回は僕が大好きな寿司、故郷の沖縄、スニーカーを描いたよ。

WWD:スニーカーが多いけど、好きなの?

ミラクルくん:全然。

WWD:じゃあ何が好き?

ミラクルくん:僕はゲームの方が好きなんだよね。本当は「フォートナイト(FORTNITE)」のキャラクターを描きたいけど、公の場ではダメって父ちゃんに言われたんだ。

WWD:今日学校は休み?

ミラクルくん:休んできた。大好きな東京の渋谷に、僕の絵が出せるなんて夢みたいだもん。さっき6階の「ポケモンセンター」と「ニンテンドートウキョウ」に行ってきたけど、超楽しかった。

WWD:昨年12月に沖縄県立美術館・博物館で開催した作品展「EVERYBODY GONNA BE HAPPY!!」では、6日間で1500人以上が来場したそうだね。ポップアップはどんな人に見てもらいたい?

ミラクルくん:よくわかんない。

WWD:えっと(笑)、どんな人に来てもらいたい?

ミラクルくん:イカ博士が来たらチョーうれしい。

WWD:……(苦笑)。

ミラクルくんの父:すみません。ゲームのキャラクターですね。まだまだリアルな小学生なので、そのまま載せちゃってください。これが“ミラクルくん”の素顔なので(笑)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら