ビューティ

「ニールズヤード」初の敏感肌向けスキンケアシリーズ登場

 「ニールズヤード レメディーズ(NEAL'S YARD REMEDIES)」は2月24日、ブランド初となるエッセンシャルオイルを配合しない敏感肌向けのスキンケア“センシティブ”シリーズを発売する。アイテムは、メイク落とし・洗顔・化粧水とマルチに使えるミセラーウォーター、美容液、乳液の全3品をそろえる。

 同シリーズは、敏感肌ケアのニーズの高まりを受け、環境変化による“一時的敏感肌”に着目。メイン成分には乳酸菌自然発酵のオーツエキスを配合し、皮膚の常在菌の働きをサポートしながら肌バランスを整える。また「肌の休息」をコンセプトに、エッセンシャルオイルやアルコールは配合せず、肌本来の健康な肌をかなえる。
 
 マルチに使える“センシティブ ハイドレート ミセラー ウォーター”(200mL、4200円)は、穏やかな洗浄剤を処方し、コットンで拭き取るだけでメイクや古い角質などの不純物をオフできる。さらに、ヒアルロン酸を配合し、水分を与えながら滑らかな肌へと整える。美容液の“センシティブ スムース セラム”(30mL、8300円)は、同シリーズの中でヒアルロン酸とヒアルロン酸ナトリウムの配合量が最も多く、高い保水力で滑らかな肌へと導く。乳液の“センシティブ バランス モイスチャライザー”(50mL、6800円)は、肌の油分と水分のバランスをとりながら、バリア機能の回復を期待できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら