ファッション

三陽商会、新常態の働き方に合わせ婦人服刷新 「キャストコロン」でオン・オフ問わない着まわしMD

 三陽商会のウィメンズブランド「キャストコロン(CAST:)」は、2021年春夏からブランドコンセプトを刷新する。19年秋冬の立ち上げから、個性もライフスタイルも違う女性3人をミューズに立てた3つのラインを展開してきたが、これを集約。通勤・プライベートを問わない着回し力に特化した、30代以上の働く女性のための服を提案する。

 新しいコンセプトは“今を生きる女性のユニフォーム”。これまでは配色の切り替えを大胆に取り入れたり、ストリート色を強くしたりとミューズの個性を立たせた商品を展開してきたが、より「日常への取り入れやすさ」「普遍性のあるデザイン」を重視する。背景としてコロナ禍で出勤や外出の機会が減ったことにより、「女性の服選びの基準が、クローゼットにある服のバリエーションを増やすことよりも『1着を長く使えること』『着まわせること』が大事になっている」と同社広報担当。

 21年春夏は一枚で着映えするワンピース(2万〜3万円)やセットアップ(ブラウス1万4000円〜1万8000円、ボトムス1万4000円〜1万8000円)、ストレスフリーなニットパンツ(1万8000円)などを強化アイテムに据える。中でもプッシュするのはカラーバリエーションが豊富な“5カラーパンツ”(1万8000円)。トリアセテートとポリエステル混紡生地の高いストレッチ性とともに、上質な質感と美しいシルエットを両立した。

 三陽商会は近年の経営不振からの脱却を目指し、20年4月から「再生プラン」と題した店舗整理などの構造改革を進めている。「キャストコロン」もファーストシーズンには、全国の百貨店を中心に29店舗(直営含む)まで広げたが、21年1月時点で13店舗まで集約した。なお同ブランドは20-21年秋冬シーズンに、「キャスト」から現名称にブランド名を変更している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら