ファッション

「バレンシアガ」が青山店限定アイテム発売 アーカイブを再構築

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は2021年春コレクションとともに1月29日に、昨年拡張リニューアルオープンした東京・南青山の旗艦店限定アイテム5型を発売する。

 アイテムはアーカイブのスタイルを繋ぎ合わせて生まれたTシャツ(7万円)、ロングスリーブTシャツ(8万円)、フーディー(13万円)が登場する。ロングスリーブTシャツはブラックのみで、そのほかはブラックとマルチカラーで展開する。アイテムに施した“BALENCIAGA”のロゴはそれぞれの文字をキーボード記号やエッフェル塔、インターロッキング B、過去のポリティカルキャンペーンのリファレンスやEst.1917のロゴなど、さまざまなシーズンを想起させる要素を組み合わせて表現した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら