ビューティ

ヘパリン類似物質に最適な基剤を徹底研究 たどり着いたバーム状クリームのテクスチャーに注目

 肌細胞に着目したスキンケアを展開する「セルエフ」は、肌の保水力を高めるヘパリン類似物質配合の薬用クリーム“セルエフ ドライケア メディカライザー”(30g、5273円)を2月1日に発売する。

 ヘパリン類似物質とは、人の肝臓で生成される糖類の一種“ヘパリン”に似た成分で、親水性と保水性に優れていることから、乾燥肌の対策として注目されている保湿有効成分。

 これまで細胞研究に注力してきた「セルエフ」は、ヘパリン類似物質の効果を最大限に発揮できる基剤を徹底研究し、独特の質感を持つバーム状クリームを開発。バームの密着感とクリームの伸び広がりやすさという“いいとこどり”をしたテクスチャーで、肌の隅々まで潤いを届け、まるでラップのように隙間なくピタッと肌に密着する。

 肌の水分保持機能や損なわれがちなバリア機能を高め、乾燥や外的刺激から肌を守るとともに、炎症を抑えて肌を潤いで満たす。柔らかな基剤でベタつかず、使用後の肌は見えないベールで覆われたようにつるんとするため、乾燥しがちな夜につけるナイトシーリングマスクとしても使用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら