ファッション

「ラフ・シモンズ 」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

不気味な停滞。ラフの次なる一歩は、どちらへ?

「ラフ・シモンズ」の2016年春夏メンズは、過去数シーズンの総決算のようだ。会場は、半年前と同じ、メトロではたどり着けない、ギリギリパリ市内というところ。そこに見上げる形のランウエイを作り、モデルたちは高速でその上を駆け抜けていった。

コレクションは、半年前同様、手作業によるひと手間により、アグリー・ビューティ(醜さの中に潜む美や強さ)を表現したコートが中心だ。ハトメを幾何学状に打ち込んだコートからはプロフェッショナルな美しさを感じるが、例えばマキシ丈のコートに描かれたチェック柄は、1点1点ローラープリントで描かれたようでところどころかすれている。また肩口の格子柄は、リボンのような素材を一つ一つ縫いつける形でも描かれており、“手作業ならではの温もり”を感じるが、どちらかと言えばシャープなムードをあえて削いでいるような存在。前衛的なフォームを提案するモードと、不思議なバランスで混在している。

フォームは、オーバーサイズゆえ、そして、コートの前合わせが胸元にしかないがゆえ、歩くたびに風をはらんで、裾に向かうと大きく広がるAラインが特徴だ。足元は、スリムテーパード、ひざ上ショーツ、もしくは、折り返しがたっぷりのスーパーフレア。スーパーフレアはスレスレではなく、地面に思いっきり着いてしまうアン・リアルな長さで、もはや靴はまったく見えない。そんな姿のモデルは、大きなPVCチェーンのバックパックを肩にかけ、頭にはレトロな生地の頭巾を被り、下を向きながらランウエイを歩く。その姿は異様で、今回もおどろおどろしい。

とはいえ、前回、今回のコレクションは、過去に比べると目新しさは少なく、落ち着いている。この停滞は、何を意味しているのか?最近のコレクションは、ラフにしては珍しく、さまざまなシルエットが混在している。そのあたりが整理され、新たな提案に繋がっていくことを期待したい。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら