ファッション

「ロエベ」が「となりのトトロ」とカプセルコレクション トトロやマックロクロスケが登場

 「ロエベ(LOEWE)」は、スタジオジブリの映画「となりのトトロ」とコラボしたカプセルコレクションを2021年1月8日に発売する。全国の店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 「ロエベ」のジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)=クリエイティブ・ディレクターは、心が温まるような感情や自然を求めたいと思う今、「世代を超えて安らぎを与えてくえる映画は何だろうかと考えた時、思い浮かんだのが『となりのトトロ』だった」とコメントした。

 宮崎駿が監督を務めた同作は、自然に囲まれた農村に引っ越してきた姉妹、メイとサツキと不思議な生き物トトロらの交流を通し、現代の課題である自然との共存を描写した。カプセルコレクションではその幻想的な自然と可愛らしいキャラクターを「ロエベ」を代表する“ハンモック バッグ”などのレザーアイテムや洋服に落とし込んでいる。

 映画に登場するキャラクター、マックロクロスケのジップウオレット(8万5000円)、スリッパ(9万2000円)、トトロのTシャツ(3種、4万1000円)など全16アイテムを用意した。“ハンモック トトロ スモール バッグ”(30万7000円)などのアイテムはカッティングしたレザーピースを職人が手作業でモザイクのようにはめ込む技法で製作しているという。

 キャンペーン用ビジュアルは写真家、グレイ・ソレンティ(Gray Sorrenti)が担当し、森の中でかくれんぼをするモデルの姿を撮影した。ビジュアルには日本人モデル、樋口可弥子の姿も見られる。

 発売を記念して「ロエベ」表参道店と公式オンラインストアでは1月7日に抽選制の先行販売イベントを開催する。応募方法は公式LINEを通じて20年12月26日に発表する。また、同日に無料の携帯ウオールペーパーも配信する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら